ステンレス精密板金のパイオニア-株式会社丸山ステンレス工業

薄板板金溶接部品の溶接外れ・割れでお困りではありませんか?

投稿日:2017/12/22

薄板板金溶接部品は溶接後の歪みを嫌う為、溶接強度はどうしても確保しづらく、後々強度不足などで溶接割れなど発生しやすいものです。

弊社では、①展開時に曲げ・溶接場所の最適化を検討、②溶接技術者の組立技術力と、溶接歪みと強度の折り合い確認、③熟練の技の歪取りによる矯正、

の3つの段階を経て、高精度かつ強度確保した薄板板金溶接部品を提供しており、また更なる技術力の向上を図っております。

 

カテゴリー:問題解決技術提案 , 施工実績 , TIG溶接